FC2ブログ

一眼生活

canon Eos kiss x7を激安に購入する方法やアクセサリーを紹介しています。

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

canon 単焦点レンズ EF50mm


canon 単焦点レンズ EF50mm kiss x7ダブルズームキットに取り付ける


canon Eos kiss x7ダブルズームキットには2つのレンズが付属されています。

IMG_8947

canon kiss x7ダブルズームキットの情報 Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット

EF-S 18-55mmレンズ と EF-S 55-250mmレンズ

2つのレンズは、撮影によって使い分けができるのでとても重宝しているのですが

最近、愛用しているCanon 単焦点レンズEF50mmを紹介したいと思います (*^。^*)

 

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II


コンパクトで軽量なCanon 単焦点レンズ

IMG_3828

最大径68.2、長さ41mmのレンズで手のひらに乗る大きさのレンズです。

IMG_3825

わずが130gでありながら迫力あるレンズ。

IMG_3820

canon 純正の単焦点レンズなので、品質安定していて安心して使えます。

IMG_3822

Canon 単焦点レンズ EF50mm の中はこのようになっています。

DSCN5204

 

Canon 単焦点レンズEF50mmとEF-S 18-55mmレンズの大きさ比較


DSCN5201

EF-S 18-55mmレンズと比較するとコンパクトな大きさです。

交換レンズとして、持ち歩きが便利そうですね (#^.^#)

 

Canon 単焦点レンズの取り付け方


Canon 単焦点レンズEF50mmの取り付けはとっても簡単です (*^。^*)

DSCN5210

レンズのフチにある赤い部分と、カメラ本体の赤い部分が重なるように取り付けます。

DSCN5213

カッチっと音がなるまでCanon 単焦点レンズを回し入れます。

Canon 単焦点レンズEF50mmセット完了♪

DSCN5214

EF-S 18-55mmレンズに比べ長さが短いので、初めは違和感がありました (@_@)

 

 

canon 単焦点レンズ EF50mmの評判、レビュー


Canon 単焦点レンズEF50mmは高評価で交換レンズ 売上1位 になった大人気のレンズ



メーカーの説明にあるように
単焦点ならではの ボケ とファインダーの 明るさ に人気があるようです。
軽量 であるため、持ち運びに便利なのも人気ようです。
価格が安く、コストパフォーマンスが良いという声も上がっています。

私が購入したきっかけは、実際使った方のレビューです。
一眼レフの素人で何もわからなかったので、レビューが高ければ安心できると思いました。
Canon 単焦点レンズEF50mmを約1年ほど使用していますが、撮影できる写真にはとても満足しています。
とくに、天気が悪い日に撮影する場合、明るく撮影できる事がとても重宝します。
交換レンズとして持ち運びも簡単なので、シーンに合わせたレンズ交換ができるようになりました (*^。^*)

品質面では、1年間故障もなくホコリ除去などのメンテナンスをすれば長く使えそうです。

 

Canon 単焦点レンズEF50mmの価格


交換レンズとなると、価格が高いのではと思いますが
canon 単焦点レンズ EF50mmの価格はどれくらいなのでしょうか!?

IMG_3828

canon 単焦点レンズ EF50mmの価格は1万円程度

お店やインタネットショップによる価格差はありますが

私が購入したAmazonでは1万円でした。

▼ Canon 単焦点レンズEF50mm 参考価格


※Canon 単焦点レンズEF50mmの価格は随時変動します。

 

価格は、実店舗に比べインタネットショップの方が安いように感じられます。

欲しい時が買いですが、タイミングが合うと数千円安く買えるかもしれません (*^。^*)
スポンサーサイト

| kiss x7アクセサリー | 13:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。